大阪トルコ日本協会 OSAKA ASSOCIATION OF TURKEY & JAPAN

Jun30
その他

6/30トルコ手芸体験教室

初心者向けの手芸教室です。
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年6月30日(土)13:00~15:0
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
初めての方でもご参加いただけるオヤの体験教室です。
お花のモチーフを作成します。

申込締切:6月27日(水)
参加費
2000円(材料費込み)
お申し込みはこちら

Jun30
その他

6/30ウード体験教室

楽器の女王として中近東一帯で親しまれているウードの体験レッスンです。
トルコのウードはアラブのものに比べると一回り小さいため、初めての方や女性にもオススメです。
※こちらは大阪トルコ文化センター主催の教室です

講演者
ジャミーラ
日時
2018年6月30日(土)(1)14:30~15:30 (2)15:30~16:30
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
【ウードとは】
楽器の女王として中近東一帯で親しまれているウードは長い歴史を持ちます。六世紀にはすでにウードによく似た楽器がバクダットにあり、アラブやペルシャ音楽の中心となりました。トルコでも少なくとも五百年以上前から演奏されており、十六世紀以降のオスマンの宮廷では主要な楽器であり、様々な階層に親しまれ、民族的な要素を取り入れて発展しました。今日のトルコでも、古典曲のアンサンブルや民謡のオーケストラ、ロマのダンスやアラベスクと呼ばれるポップスやTVショウなどで、ウードに触れる機会も多いでしょう。

ウードは復弦で六コース、十一本です。フレットはなく、ネックはヴァイオリンのように曲がっています。フレットがないことで、微分音と呼ばれる細かな音を出すことができます。

アラブのウードと比べると、トルコのは一回り小さいので、はじめての方や女性の方も持ちやすいかもしれません。
まずは開放弦を鳴らすことから、体に染み入る音の美しさを感じていただければ嬉しいです。
基本を丁寧に習得し、ウシュクダラなど日本でも親しまれるトルコの曲を弾いてみましょう。

【講師プロフィール】
ジャミーラ
トルコの伝統芸能にひかれて、イスタンブールに滞在し、踊りを学ぶなかで、ウードに出会う。
帰国後、24時間テレビ関連イベントなどに出演し、舞踊家として舞台を重ねながらも、ウードへの憧憬がやまず、ウード奏者に転身する。加藤吉樹氏に師事し、柴山哲郎氏にも学ぶ。日本トルコ国交樹立記念イベントや、イエメン大使館後援イベントなどで演奏する。京都大学文学部卒業、同大学大学院博士課程満期退学(文学博士)。

※申込の際、(1)14:30~、(2)15:30~いずれかご希望の時間をメッセージ欄にご記入ください。

申込締切:6/28(木)
参加費
2,500円(楽器のレンタル代含む)
お申し込みはこちら

Jul10
その他

7/10ハーバリウムワークショップ

今流行のハーバリウムを自分好みに作りましょう!
インテリアに、プレゼントに、いかがでしょうか♪
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月10日(火)(1)11:00~13:00 (2)14:00~16:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
今流行りのハーバリウムは、本来植物学における「植物標本」の意味ですが、枯らさずお花を飾れるのでインテリアにぴったり。
大(200ml)小(100ml)のボトルに自分好みのハーバリウムを作りましょう。

申込締切:前日15時まで
定員:各クラス8名
持ち物:持ち帰り用のバッグ

※お申込の際、(1)11:00~、(2)14:00~いずれか希望の時間をメッセージ欄にご記入ください。
参加費
3500円(材料費込み 2本作成)
お申し込みはこちら

Jul14
その他

7/14ウード体験レッスン

楽器の女王として中近東一帯で親しまれているウードの体験レッスンです。
トルコのウードはアラブのものに比べると一回り小さいため、初めての方や女性にもオススメです。
※こちらは大阪トルコ文化センター主催の教室です

講演者
ジャミーラ
日時
2018年7月14日(土)(1)14:30~15:30 (2)15:30~16:30
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
【ウードとは】
楽器の女王として中近東一帯で親しまれているウードは長い歴史を持ちます。六世紀にはすでにウードによく似た楽器がバクダットにあり、アラブやペルシャ音楽の中心となりました。トルコでも少なくとも五百年以上前から演奏されており、十六世紀以降のオスマンの宮廷では主要な楽器であり、様々な階層に親しまれ、民族的な要素を取り入れて発展しました。今日のトルコでも、古典曲のアンサンブルや民謡のオーケストラ、ロマのダンスやアラベスクと呼ばれるポップスやTVショウなどで、ウードに触れる機会も多いでしょう。

ウードは復弦で六コース、十一本です。フレットはなく、ネックはヴァイオリンのように曲がっています。フレットがないことで、微分音と呼ばれる細かな音を出すことができます。

アラブのウードと比べると、トルコのは一回り小さいので、はじめての方や女性の方も持ちやすいかもしれません。
まずは開放弦を鳴らすことから、体に染み入る音の美しさを感じていただければ嬉しいです。
基本を丁寧に習得し、ウシュクダラなど日本でも親しまれるトルコの曲を弾いてみましょう。

【講師プロフィール】
ジャミーラ
トルコの伝統芸能にひかれて、イスタンブールに滞在し、踊りを学ぶなかで、ウードに出会う。
帰国後、24時間テレビ関連イベントなどに出演し、舞踊家として舞台を重ねながらも、ウードへの憧憬がやまず、ウード奏者に転身する。加藤吉樹氏に師事し、柴山哲郎氏にも学ぶ。日本トルコ国交樹立記念イベントや、イエメン大使館後援イベントなどで演奏する。京都大学文学部卒業、同大学大学院博士課程満期退学(文学博士)。

※申込の際、(1)14:30~、(2)15:30~いずれかご希望の時間をメッセージ欄にご記入ください。

申込締切:7/12(木)
参加費
2,500円(楽器のレンタル代含む)
お申し込みはこちら

Jul15
その他

7/15トルコ朝食会

~大好評の朝食会!日本でトルコの味を堪能しませんか?~
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催のイベントです

日時
2018年7月15日(日)11:00~13:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
~プログラム~
11:00~13:00 朝食会
※トルコ料理をビュッフェ形式でお召し上がりください

申込締切:7/11(水)
※定員になり次第終了です、お早めにお申込ください。
参加費
2500円(会員様2000円)、小学生1000円、幼児無料
お申し込みはこちら

Jul21
その他

7/21ダルブッカ体験教室

ダルブッカとは、トルコはを含むとても幅広い地域で演奏されている打楽器です。
持ち方、音の出し方と、一から丁寧にレッスンしますので、はじめての方でも安心です!
※こちらは大阪トルコ文化センター主催の教室です。

講演者
森内清敬
日時
2018年7月21日(土)17:00~18:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
大阪トルコ文化センターにて、ダルブッカ入門レッスン開講!!
この度大阪トルコ文化センターにて、ダルブッカレッスンがスタートすることとなりました。
ダルブッカとは、トルコはもちろん、アラブ諸国、バルカン諸国など、とても幅広い地域で演奏されている打楽器です。
近年はベリーダンスで使われる音楽に登場する楽器としても愛好家がとても増えています。
綺麗な装飾と持ち運びしやすさも人気の秘密!一台でいろいろな表現ができるダルブッカを、この機会にぜひはじめてみませんか??
講師は関西を中心に活動する演奏家、森内清敬です。楽器の持ち方、音の出し方と、一から丁寧にレッスンしますので、はじめての方でも安心です!

【講師プロフィール】
森内清敬
ダルブカ、パーカッション奏者 作曲家
2009年、トルコ国立イスタンブル工科大学音楽院に聴講生として、古典音楽と民俗舞踊を学ぶ。
滞在中、世界的ダルブカ奏者ムスルル・アフメット氏の演奏に大きな衝撃を受け、氏のガラタダルブカスクールの門を叩き、弟子となる。
2012年よりイスタンブルに再度渡航し、ムスルル・アフメット氏のトレーニングを受ける。
2012年秋に亡くなったハミス・ハンキッシュ(エジプト)の生涯最後の弟子となる。2012年秋よりサイード・エル・アーティスト(エジプト、キング・オブ・タブラ)に師事し集中トレーニングを受け、エジプト、カイロのアカデミー・オブ・アートにてサイード氏との共演を果たす。
現在ムスルル・アフメット、サイード・エル・アーティストから指導を受け続ける。
西洋クラシック音楽やジャズの演奏経験を生かし、古典を研究しつつ新たな可能性に挑戦するボーダーレスな奏者を目指す。
また近年は長野県にある戦没画学生の作品を展示する美術館、「無言館」を舞台にしたドキュメンタリー映画「青色の画布」、神奈川県立近代美術館の展示、横浜国立大学教育人間科学部付属鎌倉小学校にて開催されたアートプロジェクト「鎌倉なんとかナーレ」のドキュメンタリー映画、同じく近代美術館で行われた芸術家アントニー・ゴームリー彫刻プロジェクト IN 葉山のプロジェクトドキュメント映画「TWO TIMES」、鎌倉雪ノ下の古民家とその周りを取り巻く環境を描いた映画「幻風景」など映画音楽を手がけるなど、CM音楽の制作、トルコ・アラブ音楽からジャズ、タンゴ、フラメンコ音楽など多様多種な音楽を研究しつつ、ハンドパーカッショニスト・作曲家として精力的な活動を行っている。
http://www.moriuchikiyotaka.com

申込締切:7/19(木)
参加費
2500円(楽器のレンタル代含む)
お申し込みはこちら

Jul21
その他

7/21トルコ手芸体験教室

初心者向けの手芸教室です。
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月21日(土)13:00~15:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
初めての方でもご参加いただけるオヤの体験教室です。
お花のモチーフを作成します。

申込締切:7月18日(水)
参加費
2000円(材料費込み)
お申し込みはこちら

Jul22
その他

7/22トルコ料理教室

世界三大料理のひとつ、トルコ料理を学べます。
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月22日(日)11:00~14:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
7月のメニューは『Meze&Balon Ekmek』(前菜とパン)
メゼと呼ばれるトルコの前菜はとにかく種類が豊富!今回は代表的なフムス(ひよこ豆のペースト)を含む3種類のメゼと、一緒に食べるのにぴったりなパンを作ります。
定員:10名
持ち物:エプロン、布巾
申込締切:7月18日(水)
参加費
2500円(会員様2000円)材料費込み
お申し込みはこちら

Jul24
その他

7/24トルコ料理教室

世界三大料理のひとつ、トルコ料理を学べます。
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月24日(火)11:00~14:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
7月のメニューは『Meze&Balon Ekmek』(前菜とパン)
メゼと呼ばれるトルコの前菜はとにかく種類が豊富!今回は代表的なフムス(ひよこ豆のペースト)を含む3種類のメゼと、一緒に食べるのにぴったりなパンを作ります。
定員:10名
持ち物:エプロン、布巾
申込締切:7月22日(日)
参加費
2500円(会員様2000円)材料費込み
お申し込みはこちら

Jul24
その他

7/24リフ編み体験教室

リフ編みでお花のアクリルたわしをつくりましょう
手芸が初めての方から参加できる体験教室です。
※こちらは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月24日(火)14:00~16:30
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
リフ編みとは、トルコ発祥の編み地です。かぎ針を使って編み、ふっくら地厚でお花みたいな編み地がかわいいです
体験教室では、お花のアクリルたわしを作ります。
持ち物:無し(3号のかぎ針をお持ちの方はご持参ください。100円割引いたします。)
定員:5名
申込締切:7/22(日)
参加費
2500円(材料費込み)
お申し込みはこちら

Jul28
その他

7/28ハーバリウムワークショップ

今流行のハーバリウムを自分好みに作りましょう!
インテリアに、プレゼントに、いかがでしょうか♪
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月28日(土)(1)11:00~13:00 (2)14:00~16:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
今流行りのハーバリウムは、本来植物学における「植物標本」の意味ですが、枯らさずお花を飾れるのでインテリアにぴったり。
大(200ml)小(100ml)のボトルに自分好みのハーバリウムを作りましょう。

申込締切:前日15時まで
定員:各クラス8名
持ち物:持ち帰り用のバッグ

※お申込の際、(1)11:00~、(2)14:00~いずれか希望の時間をメッセージ欄にご記入ください。
参加費
3500円(材料費込み 2本作成)
お申し込みはこちら

Jul28
その他

7/28エブル体験教室

世界にたった1枚だけの、あなただけの絵をつくってみませんか?
※こちらのイベントは大阪トルコ文化センター主催の教室です

日時
2018年7月28日(土)13:00~14:30
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四つ橋ビル3F
プログラム
エブルとは、中央アジアからトルコへと伝わった、マーブリングの一つの技法です。
器の中に水溶液を入れ、その中にインクを落として模様を作り、模様を紙に写し取ります。2度と同じ絵はできないと言われています。世界にたった1枚だけの、あなただけの絵をつくってみませんか?

持ち物:エプロン(または汚れてもかまわない服装でお越しください)
定員:4名(2人に満たない場合は中止となります)
申込締切:7月25日(水)
参加費
2500円(材料費込み)
お申し込みはこちら

Jul28
その他

7/28サントゥール体験レッスン

サントゥールとは紀元前1600年に起源を持つイランの伝統楽器でピアノの祖先といわれています。
72本の弦を2本の華奢な撥で叩き、幻想的な音を奏でます。
※こちらは大阪トルコ文化センター主催の教室です

講演者
内海 恵(うつみ けい)
日時
2018年7月28日(土)17:00~18:00
場所
大阪トルコ文化センター
大阪市西区南堀江1-1-16 OTK四ツ橋ビル3F
プログラム
【サントゥールとは】

紀元前1600年に起源を持つイランの伝統楽器、打弦楽器のサントゥールは現在も多くの人に親しまれています。
東西に広く伝播し、ダルシマー、ツィンバロム、中国の楊琴などに。ピアノの祖先といわれています。
台形の木箱に72本の弦が張ってあり、たった1.5gの、2本の華奢な撥で弦を叩くと一気に幻想的な世界が広がります。
その音は不思議と日本人には懐かしく感じられることもあるようです。

【講師プロフィール】
内海 恵(うつみ けい)

5歳よりピアノをはじめる。大阪音楽大学卒業。
在学中にイランの伝統楽器サントゥールに出会い、プーリー・アナビアン氏に師事。
アナビアン氏とともに日本各地で演奏活動をおこなっている。 
2013年にはNHKBS1「Asia This Week」にサントゥール奏者として紹介された。
現在、大阪市本町と堺市大美野にてピアノとサントゥールの教室を開き後進の指導にもあたる。
http://utsumimusiclab.jp/

※申込の際、①、②いずれかご希望の時間をメッセージ欄にご記入ください。

申込締切:7/26(木)
参加費
2,500円(楽器のレンタル代含む)
お申し込みはこちら

お知らせメール登録
NPO法人大阪トルコ日本協会 Facebook
NPO法人大阪トルコ日本協会 Twitter
NPO法人大阪トルコ日本協会 ブログ
pagetop